会社概要プレスリリース
 
プレスリリース →プレスリリーストップへ戻る
 

 報道関係者各位
2012年7月2日


ストック・リサーチが2012年ネット銀行ランキングを発表
〜三菱東京UFJ銀行が2部門で1位を獲得〜


 ITビジネスの総合評価会社である株式会社ストック・リサーチ(東京都港区,代表取締役 大和田 崇)は,2012年7月2日、インターネット銀行のサービス・ランキングを発表致しました。

 今回のランキングは、2012年6月末日までに実施、または7月以降の改定・開始が発表されたサービス内容を反映したものとなっています。評価の対象は、都市銀行、旧長信銀系のインターネットバンキングサービス、ゆうちょ銀行、シティバンク銀行、ネット専業銀行、セブン銀行、イオン銀行、合計15行となっています。

 このランキングは、銀行で提供するサービスのうち何を重視するかというユーザーのタイプ別に、「資産運用サービス重視派」「コスト重視派」「ネット重視派」「口座の利便性重視派」の4つのランキングと、これら4つのカテゴリーを総合し、カテゴリーに入っていないサービスも含め総合的に評価した総合ランキングで構成されています。

 各ランキングの1位は以下の通りです。


    @総合ランキング 【1位:三菱東京UFJ銀行】
    A資産運用サービス重視派ランキング 【1位:ソニー銀行】
    Bコスト重視派ランキング 【1位:住信SBIネット銀行】
    Cネット重視派ランキング 【1位:ジャパンネット銀行】
    D口座の利便性重視派ランキング 【1位:三菱東京UFJ銀行】


 <今回のネット銀行ランキングについて>

 資産運用サービス、コスト、ネットランキングの第1位はネット専業銀行、口座の利便性ランキングの第1位はメガバンク、そして総合1位がメガバンクとなっています。口座の利便性は従来型銀行が高く、コストやネット上の機能、資産運用など特定のサービスに強みを持つのがネット専業銀行という従来型と専業の違い・特色がランキングによく表れています。その意味では順当なランキングといえますが、サービスを細かく見ていくと意外性もあります。例えば、各カテゴリーで1位にはならなかったものの、コストやネット上の機能においてもメガバンクが上位に食い込み、また、利用できるATMが少なく不便という印象のある専業や旧長信銀系銀行も口座の利便性ランキングで健闘しています。

 各ランキングはそれぞれ5位まで発表しています。
 詳細はランキングのページ(→2012年ネット銀行ランキング)をご参照ください。





 <本件に関するお問い合わせ先(報道関係者)>

株式会社ストック・リサーチ  大和田 智美
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル
TEL 03-6809-1956(代表)  FAX 03-6809-1957
E-mail mail@stockresearch.co.jp


以上