→インターネットバンキング編

→ストック・リサーチが運営する経済・金融情報サイト「The Capital Tribune Japan」はこちら
 
ネット証券編トップネット証券ランキングネット証券一覧
 

2001年第2回インターネット証券ランキング   2001/10


【評価基準について】
  • 評価はストック・リサーチ独自の評価基準に基づいています。
  • コスト・サービス・商品・機能・サポートの5項目を中心に証券会社を評価しています。
  • ランキングは総合ランキングと投資家のタイプ別に作成しています。
  • ポイントは10点満点です。


 1.総合ランキング  2.積極投資派ランキング
 3.コスト重視派ランキング  4.長期資産形成派ランキング


 総合積極投資派コスト重視派長期資産形成派総評
 1.総合ランキング

<評価のポイント>

基本的なサービス(コスト、商品、機能、サポートのバランス)と他社にはないサービスへの取り組み、新サービスの導入など、サービスの豊富さとそれらのバランスなどをポイントに評価している。


順位 証券会社 URL ポイント 前回
順位
前回との
比較
1 イー・トレード証券 http://www.etrade.ne.jp/ 9.5 1
2 DLJディレクトSFG証券 http://www.dljdirect-sfg.co.jp/ 9.2 2
3 日興ビーンズ証券 http://www.nikkobeans.co.jp/ 9.0 3
4 東京三菱TDウォーターハウス証券 http://www.tmtdw.com/ 8.9 7 ↑3
5 カブドットコム証券 http://www.kabu.com/ 8.6 4 ↓1
5 マネックス証券 http://www.monex.co.jp/ 8.6 5
7 岩井証券 http://www.iwaisec.co.jp/ 8.4 6 ↓1
8 丸八証券 http://www.star-trade.net/ 8.3
9 オリックス証券 http://www.orix-sec.co.jp/ 8.2
10 ソシエテ ジェネラル証券会社 SGオンライン支店 http://www.sgonline.co.jp/ 7.9 9 ↓1

 

上位3位の評価のポイント
1位 イー・トレード証券 今回も、前回と同じくイー・トレード証券が1位を獲得した。9月の手数料の引き下げ、リアルタイム資金決済サービスの増強、高度な銘柄検索ツールやテクニカル分析ツールなど多くの面でサービス拡充を図った。サービス全体でまんべんなくポイントを獲得している。独自開発の自動更新型リアルタイム株価ツールは製品版のリリースが9月29日から10月13日に伸びたため、今回はトライアル版で評価している。
2位 DLJdirectSFG証券 投資家のレベルを問わない幅広いサービスを提供しているが、今回もコスト面でイー・トレードに差をつけられ2位となった。マーケットスピードのバージョンアップやマイレージサービスの開始、企業情報・アナリストレポートなど情報面の拡充とコンスタントに新サービスを投入している。マーケットスピードやサイトの見やすさでもポイントは高い。
3位 日興ビーンズ証券 初心者から積極投資家までをカバーする商品の幅広さは従来から評価されているが、8月からはついに信用取引を開始。さらに取扱商品(取引)が拡大された。また、従来の株価ボードに自動更新型のリアルタイム株価情報を組みこんだサービスを開始するなど上級投資家へのアピール度を高めた。ホームページの見やすさ、アナリストレポートや銘柄スクリーニング機能など機能・情報の充実度、投信専用問い合わせ窓口も前回同様ポイントが高い。

総合積極投資派コスト重視派長期資産形成派総評
 2.積極投資派ランキング

<評価のポイント>

信用取引、オプション取引が可能か、コストは安いか(頻繁に売買を行なう投資家向けのコスト体系もあるかも含め)、iモードには対応しているか、売買画面の機動性、リアルタイム株価サービス等積極投資に必要な情報が充実しているか、など積極投資家にとって重要なサービスに重点をおいて評価している。電話注文の併用も可能か、その際の手数料が安いかということも考慮に入れている。


順位 証券会社 URL ポイント 前回順位 前回との
比較
1 イー・トレード証券 http://www.etrade.ne.jp/ 9.3 2 ↑1
2 松井証券 http://www.matsui.co.jp/ 9.2 1 ↓1
3 岩井証券 http://www.iwaisec.co.jp/ 8.9 3
4 DLJディレクトSFG証券 http://www.dljdirect-sfg.co.jp/ 8.8 4
5 オリックス証券 http://www.orix-sec.co.jp/ 8.7 6 ↑1
6 丸八証券 http://www.star-trade.net/ 8.6
7 日興ビーンズ証券 http://www.nikkobeans.co.jp/ 8.5
8 日本協栄証券 http://www.kyoei-sec.co.jp/ 8.1 9 ↑1
9 東京三菱TDウォーターハウス証券 http://www.tmtdw.com/ 8.0
9 丸三証券 http://www.03trade.com/ 8.0 5 ↓4

 

上位3位の評価のポイント
1位 イー・トレード証券 前回まで連続して1位だった松井証券を抜き、トップの座に。順位の入れ替えが生じたのは、コスト面が影響したためだ。松井証券のボックスレート制をそのままの形で手数料を2割程度下げて導入、加えて、通常の手数料も値下げた。また従来から信用取引の手数料は業界最低水準ということもあり、商品・機能・コストの総合力で松井証券を抜いたといえる。
2位 松井証券 信用取引、オプション取引、自動更新型のリアルタイム株価サービスの提供、積極投資派向けの手数料体系など、投資家を絞り込んだサービスを提供。iモードでも信用・オプション取引が可能な「積極投資家のための証券会社」といえる。しかし、信用取引を扱いその手数料も安く、リアル株価ツールの提供も行なっているイー・トレード証券に1位の座を明け渡した。
3位 岩井証券 岩井証券は信用取引、オプション取引サービスが可能で、現物株式の手数料が安い。特に信用銘柄のスクリーニングサービスなど信用取引に関する情報やシミュレーションツールなどが豊富。iモードでも同様の情報が見られるなど信用取引まわりのサービスが充実している。

 総合積極投資派コスト重視派長期資産形成派総評
 3.コスト重視派

<評価のポイント>

コストについては、株式売買委託手数料、口座管理料、情報料、サービス利用料、入出金にかかる振込手数料(振込手数料が無料になるケースがあるかも含め)を中心に評価。特に売買手数料の安さに重点をおいている。


順位 証券会社 URL ポイント 前回順位 前回との比較
1 ゲット証券 http://get-sec.co.jp/ 8.6 1
2 内藤証券 http://www.naito-sec.co.jp/ 8.4 2
3 日本協栄証券 http://www.kyoei-sec.co.jp/ 8.3 4 ↑1
4 東洋証券 http://www.toyo-sec.co.jp/ 8.0
5 ジェット証券 http://www.jetsnet.co.jp/ 7.7 3 ↓2
6 エイチ・エス証券 http://www.hs-sec.co.jp 7.5 4 ↓2
7 イー・トレード証券 http://www.etrade.ne.jp/ 7.4 6 ↓1
8 岩井証券 http://www.iwaisec.co.jp/ 7.3 7 ↓1
9 丸八証券 http://www.star-trade.net/ 6.8
10 豊証券 http://www.yutaka-sec.co.jp/ 6.7 8 ↓2

 

上位3位の評価のポイント
1位 ゲット証券 ゲット証券の料金体系は、売買代金1000万円まで710円というもの。売買金額によらずに平均して安い。頻度も関係なく一律この値段というのは大変わかりやすい。口座管理料や利用も無料だが、振込手数料が入出金とも顧客負担という点は前回と変わらない。
2位 内藤証券 内藤証券は最低手数料が500円というディスカウントブローカーだが、10月1日からさらに値下げし、100万円以下0.09%、500万円まで900円、1500万円まで1200円、1500万円超は0.008%とした。最低手数料500円・最高手数料4050円は変わらず。旧手数料と比較してみると、約定代金100万円の場合、1350円から900円へと約3割の値下げとなった。現物取引と信用取引の手数料も同じ体系とした。
3位 日本協栄証券 7月から、取引回数により手数料が変わる料金体系に変更した。それまで一律1000円で手数料そのものは安かったのだが、利用料12000円/年が全体的なコストを押し上げていた。今回の改定により、おおよそ「月10回平均」の頻度であれば、手数料は一律500円、利用料も無料になる(利用料は半年で6000円を支払う形に変更になっている)。しかも口座開設後約半年(開設時期による)は「一律500円、利用料無料」が適用されるため、とりあえずペースを見ながら利用することも可能だ。月10回平均はかなりの頻度ではあるが、この料金体系が適用されると他社を引き離して1位となる点、一定の適用期間を設けている点を考慮した。その結果、前回よりも1ランクアップの3位となった。

 総合積極投資派コスト重視派長期資産形成派総評
 4.長期資産形成派

<評価のポイント>

商品種類は豊富か、電話や店舗におけるサポート体制が整っているか、資産管理ツール(ポートフォリオ機能、損益計算機能とその見やすさ)や銘柄スクリーニング機能はあるか、アナリストレポートや銘柄関連情報は豊富か、そして今回からはじっくり投資をしたい人に向けの銘柄分析ツール、利便性の高い入出金サービスがあるか(ホームページ上での資金移動)などもポイントにおき、評価している。


順位 証券会社 URL ポイント 前回順位 前回との
比較
1 野村證券 http://www.nomura.co.jp/ 9.2 1
1 日興ビーンズ証券 http://www.nikkobeans.co.jp/ 9.2 1 ↑1
3 丸八証券 http://www.star-trade.net/ 8.1 3
4 日興コーディアル証券 http://www.nikko.co.jp/SEC/ 7.9 6 ↑2
4 イー・トレード証券 http://www.etrade.ne.jp/ 7.9 4
6 カブドットコム証券 http://www.kabu.com/ 7.8 7 ↑1
6 マネックス証券 http://www.monex.co.jp/ 7.8 9 ↑3
8 東京三菱TDウォーターハウス証券 http://www.tmtdw.com/ 7.7 10 ↑2
9 DLJディレクトSFG証券 http://www.dljdirect-sfg.co.jp/ 7.4 8 ↓1
10 リテラ・クレア証券 http://www.retela.co.jp 7.3

 

上位3位の評価のポイント
1位 野村証券 フルサポート型の代表。店舗プラス休日の電話サポートで初心者も安心して取引ができることが評価されている。また、ミニ株(約1000銘柄)、投信、CB、IPO銘柄など商品種類が多いこと、ネット銀行を利用したリアルタイム決済サービスでは利用できる銀行数がネット証券の中で最も多いことなどもポイントにつながっている。前回同様「アセットレビュー」、株式のポートフォリオ機能など資産管理ツールも評価が高い。
2位 日興ビーンズ証券 前回の2位からランクアップし、野村証券と並び1位となった。信用取引の開始や自動更新型リアルタイム株価の提供など、商品、情報とも充実している。投信の本数、積立投信の取扱い、投信のサポートデスクなど投信まわりのサービスも評価が高い。信用取引の手数料体系は、松井証券のボックスレート制と同様の1日定額制。しかも松井証券やイー・トレード証券よりもさらに安い手数料で導入した。これまでの投資家層とは異なる積極投資家も取り込める体制を整えつつある。
3位 丸八証券 ミニ株、投信などの初心者向け商品を扱う一方、信用、オプション取引も可能、外国債券も取扱うなど商品の網羅性で最も高いポイントを獲得している。サイトのヘルプ機能の充実度や、ネット銀行と提携したリアルタイム資金決済サービスも評価が高い。また、高度なチャート分析ソフトを無料て提供し、さらには9月から自動更新型のリアルタイム株価サービスも開始するなど情報力が強化された。

 総合積極投資派コスト重視派長期資産形成派|総評|
 2001年 第1回ランキング総評

 ネット証券ランキングは、インターネットで株取引ができる証券会社を対象に評価している。前回(5月24日)、対象証券会社は58社であったが、今回は6月末にマネックス証券と合併したセゾン証券を除く57社となっている。今回は5月から10月10日までのサービスについて調査、評価しているが、この間に新規参入した証券会社はない。
 この期間で、リアルタイム株価情報やチャート分析ツール、アナリストレポートなどを提供し情報面の充実させる証券会社が急増し12社となり、ネット銀行を利用したリアルタイムでの資金決済サービスも15社が提供するなど、これらのサービスは特定の証券会社が提供するものという認識はなくなりつつある。
 ただし、これらのサービスにも様々な種類があり、同じ銀行を利用した資金決済サービスでもすべての証券会社で24時間リアルタイムの決済ができるわけではなく、また、自動更新型のリアル株価ツールも機能や使い勝手などが証券会社(またはツールの提供会社)により大きく異なるため、サービスの有無だけでの評価では不充分である。したがってサイトの見やすさや使いやすさと同様、ツールの使いやすさなども考慮している。
 総合ランキングでは、前回に引き続き取扱商品、情報サービス、コスト面で強く、バランスのとれたサービスを提供しているイー・トレード証券が1位を獲得した。2月に続き9月にも手数料の引下げを行い、デイトレーダー用の「1日定額」の手数料体系(松井証券のボックスレート制とほぼ同じ)を低料金で導入するなど、より価格競争力がついた。
 今回順位を上げた東京三菱TDウォーターハウス証券、丸八証券、オリックス証券の3社に共通するのは、自動更新型のリアルタイム株価サービスの開始である。東京三菱TDウォーターハウス証券、オリックス証券は株価の他にニュースやチャートなども見られる多機能タイプを導入、丸八証券は従来からある株価一覧画面上に組みこんだタイプのものを導入している。
 さらに東京三菱TDウォーターハウス証券、オリックス証券はネット銀行と提携したリアルタイム入出金サービスを提供したことも評価されている。
 積極投資派は、初登場の証券会社が目立つ。丸八証券、東京三菱TDウォーターハウス証券、日興ビーンズ証券は、前述の自動更新型のリアルタイム株価サービスを開始したことでポイントを獲得している。その他、丸八証券は手数料の値下げ、日興ビーンズ証券は信用取引の開始とその手数料、東京三菱TDウォーターハウス証券はリアルタイム資金決済サービスがそれぞれ評価された。
 今期は、手数料の引下げを行なった証券会社多かった。最低手数料の引下げやミニ株手数料の値下げなども含めると、7月1日から10月1日で8社が実施した。東洋証券は5割値下げ、、丸八証券は最大で90%以上、約定代金300万円では75%もの値下げを行いベスト10入りを果たしている。まだまだ値下げ競争は続いており、今後はこれまで一度も引下げを行なってこなかった証券会社の動きが注目される。
長期資産形成派は、野村証券とならび日興ビーンズ証券が1位となった。商品、情報サービスの強化がポイントにつながった。マネックス証券もクレジットカードの発行や情報サービスの拡充が評価された。
▲このページのトップへ戻る

証券編トップページへ

  • 当サイトはあくまで情報提供を主な目的とするものであり、投資勧誘その他を行うものではありません。当サイトの情報を基に選択した証券会社におけるトラブル、または投資における損失などについて、当社は一切の責任を負いません
  • 当サイトの内容は、著作物です。無断使用・転用・複製等を禁止します。